医療のトラブル

本来、人の命を預かる医療の現場において、ミスや失敗は絶対に許されないことですが、万全の安全システムを誇る航空機も事故が起こるように、全ての行為が必ずしも完全ではありません。
医療の現場においても、現在の医療技術では処置できない手術などの失敗は仕方ないにしても、患者の投薬ミスなどのあきらかな人為的ミスが原因となって、大きな事故や最悪は、患者の生命まで奪ってしまう事件も起きています。
しかし、一般に医学の知識のない患者や患者の親族は、大抵が病院の説明のままに、それを受け入れて表面上に表れない事故のケースが多くあると言われています。
その為、医療事故を専門とする弁護士の相談センターが、これらの医療トラブルの相談窓口となって、病院側の処置が正しく行われたかどうかを調査する場合も多くあるのだそう。
大抵の医療トラブルの相談は、後遺症を伴う医療事故や患者の死亡などの大きな事故が原因で、そのことの重要性から遺族側も感情的になるケースがありますが、殆どのトラブルの発端は、病院側の対応によるところが大きいです。
これは許されることではありませんが、もし仮に事故が起きても病院側の対応が丁寧で、ある程度遺族側を納得させる細かい説明があれば、医療のことを全くしらない遺族側は、事を大きく構えず、トラブルとして弁護士に相談することもないでしょう。
しかし、現在の病院の多くはトラブルに関してあまり心が感じられない事務的な対応が多すぎるように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です